読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「サウルの息子」ネメシュ・ラースロー

人類史上、最もおぞましい場所で行われた、他に類をみない非道な行為を映しだす映画が、現在では珍しい余白の狭いスタンダードサイズで撮られたことは正しい。なぜなら、この映画には、語れないもの、映せないものが、あまりにも多すぎるし、ある意味、この作品自体、そうした人間が犯したあまりにも残虐な歴史について、私たちの想像力が耐えうるかどうか、という問いかけでもあるからだ。そうか―。アウシュビッツの真実はまだ何にも語られてはいなかったのだ。


映画『サウルの息子』公式サイト|大ヒット公開中!