読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「バクマン。」大根仁

例えば、情熱のようなものを映画にするのは難しい。抑え過ぎると物足りず、やり過ぎるとシラけてしまう。また、誰もが知っている、誰もが好きなものを映画にするのも難しい。どんな風に描いても、批判を免れることはできないからだ。大根仁監督の魅力はいつもそこを乗り越えようとするところだ。映画史上、最も汗臭く、泥臭い!? CG・VFXがサイコー。アナログの匂いがプンプンするデジタル表現っていいなぁ。


映画『バクマン。』公式サイト