Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「サム・ペキンパー 情熱と美学」マイク・シーゲル

死のバレエ。サム・ペキンパーといえば、とかくスローモーションと暴力の美に注目が集まりがちだけど、このドキュメンタリーを観ると、いかに彼が「人間を描くこと」にこだわっていたのかがよくわかる。晩年、人間を描くことに興味を示さなくなったハリウッドに背を向け、酒と薬に溺れていった様子が仲間たちによって露わにされる。あまりに純粋に映画に殉じた不器用な男の一生がそこにあった。


映画「サム・ペキンパー 情熱と美学」公式サイト