読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「最果てアーケード」小川洋子

かけがえのない思い出とともに大切なひとの死を悼む。哀しみにそっと寄り添う珠玉の連作集。小川洋子さんの小説には、静謐な「いつくしみ」が漂っている。それは、世界の片隅で、誰にも気づかれない、見過ごされ、やがて、忘れ去られるものに対する「いつくしみ」だ。そして、それこそが文学だなぁといつも思う。


『最果てアーケード』(小川洋子):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部