Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「笑うな」筒井康隆

星新一、あるいは、藤子・F・不二雄もそうだけど、優れたSF作家の作品を読むと、どれだけ妄想を膨らませればこんなブッ飛んだ物語が書けるのかとほとほと感心してしまう。冷静で知的な現状分析と、痛烈な文明批判、そして、愚かな人間へのどこか温かなまなざし。虚構を盾にした「やりたい放題」こそ筒井康隆の真骨頂。どの短編も限りなく自由だ。


筒井康隆 『笑うな』 | 新潮社