Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「インヒアレント・ヴァイス」ポール・トーマス・アンダーソン

JLGがジャン・リュック・ゴダールを指すように、PTAとはポール・トーマス・アンダーソンのことだ。この現代のアメリカの最高峰に君臨する天才監督が、1970年代のLAを舞台に、サイコーにぶっ飛んだ映画を撮り上げた。登場人物は、みんなラリっていて、どうしようもないけれど、どこか愛に満ちている。そして、彼のすべての作品がそうであるように、全編に漂っている悲しみが、観る者の魂に、深く深く沁みてくる。さすが!


映画『インヒアレント・ヴァイス』オフィシャルサイト