読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「スクラップ・アンド・ビルド」羽田圭介

経済優先の政策をとり続ける日本。それらは、この国に厳然としてある、個人個人、多くの家族にとって切実な、生と死の問題にはまったく関係がないし、政治も、国家も、人間の魂を癒すことには、まるで考えが及んでいない。この若き小説家がクールに提起するのは、高齢化社会の、介護の、その先にある豊かな死と、そこにいたるまでの生々しい現実だ。やや、もうひとりの芥川賞作家は、なかなかに反骨だった。


『スクラップ・アンド・ビルド』羽田圭介 | 単行本 - 文藝春秋BOOKS