Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「掏摸」中村文則

掏摸(スリ)を「それはあらゆる価値を否定し、あらゆる縛りを虐げる行為だった」と顧みる男が、どうにも逃れなれない過酷な運命と、ろくでもない世界の成り立ちに、抗い、闘い、希望を見いだしていく物語。生きることに執着する。それこそが、救いであり、希望となる。中村文則さん。評判通りのいい作家さんでした。


掏摸(スリ) :中村 文則|河出書房新社