読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「スケルトン・ツインズ」クレイグ・ジョンソン

不完全で壊れやすい二人。同じ父と母から生まれた、生物学的に最も近しい兄弟(しかも、双子)の因縁と、ときに互いの救いとなる深いつながりが、メランコリックながらもユーモラスに描かれる。これは、劇中の台詞「ジタバタしながらパッとしない人生を受け入れようとしている」大抵の人間にとっての癒しとなる映画。しあわせの選択は人それぞれであり、それは何人も侵しがたいものだ。


スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方 | ソニー・ピクチャーズ - DVD & ブルーレイディスク(Blu-ray Disc)