読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「ようこそ地球さん」星新一

ほんものの批判というのは、声高に叫ぶものではなく、ひょうひょうと和やかな雰囲気でやってきて、相手が少し気を許したところで、その心臓にナイフでグサリと一撃をくらわすようなものだ。星新一を「あの教科書の」なんて考えてはならない。とりわけ、サディスティックな視線で描かれた初期の作品では、現代文明の愚かさと、人間の傲慢さが、これでもかというほど露わにされている。これは寓話という皮をかぶったとてつもなく過激な予言の書だ。


https://www.shinchosha.co.jp/book/109802/