Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「珍品堂主人」井伏鱒二

硲伊之助の表紙に一目惚れ。「変なものを掴むようでなくっちゃ、自分の鑑賞眼の発展はあり得ない」と、骨董を女に見立てて描いた、井伏鱒二による粋な小説。たんたんと書かれているようで、足し引きする必要のない、完成された文体がすごい。声に出せばわかる。まるで落語のようにテンポよくリズミカルだ。ちなみに、1960年公開の映画版の宣伝文句は「だましだまされ/がめつい同志/色と欲との珍品集め」で主演は森繁久彌。ハマりすぎ(笑)


珍品堂主人|文庫|中央公論新社