Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「悪童日記」ヤーノシュ・サース

映画「フューリー」でブラピは「理想は平和だが、歴史は残酷だ」という台詞を吐いていた。戦争は、躊躇せず人を殺さねば生き抜けない過酷さの中にあり、そこでは、善も、悪も、まったく意味をなさない。子供はときに人間の残虐性や社会の矛盾を抉りだす。これは悪童の物語ではなく悪童にならざるを得なかった純粋無垢な子供たちの物語だ。


http://akudou-movie.com/