Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「ほとりの朔子」深田晃司

100%正しいことなんてない。例え、絶対的にそう思えたとしても、もしかしたら間違ってるんじゃないか、という余地は持っていたい。この映画にでてくる人たちは、弱くて、ズルくて、ときに逃げたり、爆発したりもするけど、心の中に、その余地がちゃんと残っている。観る者をざわつかせながら、それでいて、この映画がどこか優しいのは、きっとそのせいだ。


映画『ほとりの朔子』公式ホームページ