Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「弱くても勝てます」高橋秀実

結論。弱くては勝てない(笑) でも、常識を疑い、思考することで、その可能性を広げることはできる。この本がとても感動的なのは、根性まるだしで、やる気を漲らせずとも、情熱は燃えたぎる、ということを教えてくれるところだ。考え、検証し、また、考える。考えることが、現状を打破する突破口を切り拓き、真理に近づく唯一の道であることを説く、これはなかなかのマネジメント書です。


高橋秀実 『「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー』 | 新潮社