Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「四十九日のレシピ」タナダユキ

石橋蓮司にハズレなし。「今度は愛妻家」のオカマや「アウトレイジ」のヤクザなど、強烈なキャラクターも忘れがたいけれど、頑固で口下手、でも、誰よりも妻と娘を愛する、ごくごく普通の父親役も、実にチャーミングだった。その父親と、子供を産めない娘、人生のレシピ(処方箋)を遺して逝った継母の3人家族を軸に、突如現れたゴスロリ少女、日系ブラジル人が織りなす、迷える人間たちのアンサンブル。しみじみ、日本映画らしい秀作だった。


http://49.gaga.ne.jp/