Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「私の男」熊切和嘉

熊切監督が描く鈍色の海にはいつも、ちっぽけな人間を圧倒するスケールと、おどろおどろしさがある。少女からオンナになっていく二階堂ふみの演技は狂気そのもの。むきだしの愛が、生々しく、痛々しく、美しくもあった。これは現代の「愛のコリーダ」。禁断の、という言葉では表しきれない、濃密で、淫靡で、絶対的なもの。女の情愛はときに背筋が凍るほど恐ろしい。


映画『私の男』公式サイト