Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「うれしい悲鳴をあげてくれ」いしわたり淳治

まるで星新一のような、とは言い過ぎだけど、ショートショートの最後の最後、クスッとさせるユーモアがあったり、ゾクッとさせる恐怖があったり、ドキッとさせる風刺があったり。言葉を巧みに操って、なんとなく世界の真理「のようなもの」を感じさせてくれる、エッセイとも、小説ともつかない、とても不思議な一冊。ときに「うれしい悲鳴をあげてくれ」って、良いタイトル。林ナツミさんのカバー写真も素敵。さすがプロデューサーです。


筑摩書房 うれしい悲鳴をあげてくれ / いしわたり 淳治 著