Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「さよなら、アドルフ」ケイト・ショートランド

戦後、隠蔽されていた多くの事実が露わとなり、日本ではやがて神が人間となった。同じ敗戦国のドイツやイタリアでも、それまで盲目的に信じられていた思想が、すべて崩壊、逆転してしまったことは容易に想像できる。これは、ナチに加担し、戦争犯罪者となってしまった両親をもつ少女が、混乱し、絶望し、葛藤しながらも、弟妹を守り、生き抜いた物語。戦争とは国家が起こす犯罪であり、その加害者のほとんどは被害者でもある。


【公式サイト】『さよなら、アドルフ』 | 2014年8月8日(金)、DVDリリース!