読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「ケトル」Vol.21「ウディ・アレンが大好き!」

雑誌

ウディ・アレンの映画の主人公は、いつも不安や恐れを抱き、コンプレックスに悩んでいる。それでも魅せられてしまうのは、そんなもやもやとした気持ちを、彼らはどこか、愛しんでいるように感じるからだ。世間を揶揄するシニカルな視点や人間をどん底に陥れる残酷さの根底にあるユーモアとやさしさ。それがアレン映画の魅力。究極のネガティブは究極のポジティブとなる。


ケトル VOL.21 - 太田出版