Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「ブルージャスミン」ウディ・アレン

イタすぎるセレブを演じたケイト・ブランシェットの演技力もさることながら、ウディ・アレンの批評眼がますます鋭さを増している。拝金主義や物欲主義に対するシニックなアンチテーゼ。社会的なステイタスも、高級なブランドも、それ自体には何の意味もなく、無意味な生活や消費によって満たされるのは虚栄心のみ。それじゃあ人生は豊かにならない。この映画を観ながら思い出したのは「贅沢とは無意味なことに意味をもたらすこと」というソニア・パークの美しい言葉だ。


映画『ブルージャスミン』公式サイト