Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「侏儒の言葉」芥川龍之介

「人生は死に至る戦ひなることを忘るべからず」という言葉をわが子に遺し、自死を選んだ芥川龍之介によるペシミズムに満ちた箴言集。「わたしは度たび他人のことを「死ねば善い」と思ったものである」なんてフツウは書けない。天才が人生の最期に書き続けた言葉には人間をとことん破壊する思想が潜んでいる。文学とはまっこと恐ろしいものだ。


文春文庫『侏儒の言葉』芥川龍之介 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS