Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「想像ラジオ」いとうせいこう

なかなか読み進めることができなかった小説をようやく読了。あの頃、ほんとうに必要だったのは「陽気さを装った言葉」ではなく「言葉を失って茫然としている時間」だったんだなと思う。死者を弔って遠ざけるのではなく、死者の声なき声に耳を傾けることが、社会を前進させる道だったんじゃないか。悲しみを想像することをオマエはちゃんとできているか。そう問いかけられているようで、今なお胸が締めつけられる小説だった。


想像ラジオ :いとう せいこう|河出書房新社