Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「百鬼園随筆」内田百間

自分の身の上に起こった、他人にとってはどーでもいい話をつらつらと綴っているだけなのに、なぜこんなにも読み手を惹きつけ、最後まで読ませてしまうのか。文は人なり。それは、内田百間という人が、なんともつかみどころがなく、おかしみが滲みでているような人だったからなんだろうと思う。ちなみに、カバー装画は、百間を慕っていた芥川龍之介によるもの。なんだか意味がわかりませんが、これまたあとからじわじわと効いてくる傑作です。


内田百閒 『百鬼園随筆』 | 新潮社