Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「街の灯」チャールズ・チャップリン

例えば、善と悪、聖と俗、美しさと醜さ、歓びと哀しみ、笑いと涙。チャップリンの偉大さは、この二つの異なる、むしろ、対立している概念を、まったく同等にフィルムに共存させるところにある。「街の灯」が傑作としてその名を歴史に刻んでいるのは、この作品が献身的な愛を描くだけでなく、人間のエゴを鋭く抉っているからだ。チャップリンの恐ろしさを侮ってはならない。