Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「サーカス」チャールズ・チャップリン

映画がトーキーに移り変わろうとしている頃、あえてサイレントで、徹底的に「笑い」にこだわったドタバタ喜劇の歴史的傑作。言葉を使わずとも、表情と身体の動きだけで、あらゆる感情を表現したチャップリンのパントマイムが全編を通して冴えわたる。浮浪者ではあるが紳士の威厳を決して失わないラストシーンはいつ観ても美しい。