Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「そして父になる」是枝裕和

今さらの「そして父になる」。すごい。身体を震わせ、ときに嗚咽しながら、ようやく最後まで観終えた。そして、息子をぎゅーっと抱きしめた。繊細な人間の心のひだを、映画や小説はどこまで表現することができるのか。是枝監督はそのレベルをどんどん上げていく。北野武河瀬直美青山真治黒沢清諏訪敦彦。世界がその作品を待っている監督は多いけれど、目には見えない感情や情緒を描く点で是枝裕和は群を抜いている。日本の宝だ。


http://soshitechichininaru.gaga.ne.jp/