Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「くちづけ」堤幸彦

障害者を描くには勇気と覚悟がいる。どんな風に描いても、当事者ではない以上、多くの批判を受けざるを得ないからだ。この映画の根底にあるのは、社会の不条理に対する、強くやり場のない憤りだと感じた。表現をするということは、世界は変わらないとあきらめるのではなく、世界は変わると信じることなんだ。


映画「くちづけ」公式サイト|出演:貫地谷しほり、竹中直人、宅間孝行 監督:堤幸彦