Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「悪い奴ほどよく眠る」黒澤明

黒澤明の第19作。誰もが知っている傑作はもちろんスゴイけれど、その陰に隠れた作品に、余韻がずっと頭から離れない名作が多い。自らのプロダクションの立ち上げに、社会派の現代劇を選んだところに彼の「反骨」が表われている。何もかも恐ろしく簡単で醜悪な社会。50歳にして「これでいいのかー!」と叫ばせちゃうピュアな黒澤も好きです。