Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「デッドエンドの思い出」よしもとばなな

よしもとばななが「これが書けたので、小説家になってよかった」と振り返った短篇集。こんな小説を読むと、文才とは視点、世界をどんな風に捉えているか、掴んでいるか、なのだとつくづく思う。そして、その視点はすべて皆、柔らかくやさしい。小説に癒されるのは、それがいかなるときも寛容であるからだ。


文春文庫『デッドエンドの思い出』よしもとばなな | 文庫 - 文藝春秋BOOKS