Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「風立ちぬ」堀辰雄

メメント・モリ。「死を想え」という警句は、古代では、「今を楽しめ」という趣旨だったという。死を強く意識し、受け入れたとき、生がより一層の輝きを放つ。その尊さを、日本語という言語で、崇高かつ抒情豊かに描いた美しい小説。この作品をモチーフに映画をつくった宮崎駿はやっぱり筋金入りのセンチメンタリストだ。


風立ちぬ・美しい村・麦藁帽子 堀 辰雄:書籍 | KADOKAWA