Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「酔いどれ天使」黒澤明

黒澤明の第7作。ついについに三船敏郎が登場! 圧倒的な存在感とゾクゾクするほどのカッコ良さはやはり群を抜いている。この野心溢れる作品を傑作たらしめているのは、貧困、暴力、社会に対する強い「怒り」だ。戦後わずか3年で「日本人て奴はとかく下らねえことに身を捨てたがっていけねえ」の台詞はすごい。全編に彼の反骨のヒューマニズムが漲っています。