Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「サライ」No.571「ポップ・アートをもう一度」

およそ「サライ」らしからぬ表紙が目に留まって購入。よくよく考えてみると、生きていれば、ウォーホルは84歳、リキテンスタインは89歳になる。「ポップ」なのに色褪せないというのは本当にすごい! また、ジャンルも、話も変わるけど、草間彌生なんかの作品を見て思うのは、肉体的な衰えと、精神的な前衛性は、まったく無関係であるということだ。という訳で「サライ」で「ポップ・アート」。これはとってもいい特集だなぁと思う。


サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト