Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「家族X」吉田光希

PFFスカラシップによる新鋭・吉田光希監督の作品。台詞を極限まで削り、崩壊寸前まで落ちていく家族の姿を、一定の距離を置きながら見つめる視点が痛々しいほどリアル。こんなにも実験的な映画を、田口トモロヲ南果歩というキャストで、実績のない監督に撮らせちゃう環境にある日本の映画界は、実はとっても恵まれているんだと思う。PFFという希望と志に溢れた事業を立ち上げた「ぴあ」という雑誌の偉大な功績(そしてPFFは今も続いているというのもいいね!)を痛感します。「未来につながるなにかを残す」ということは、とても素晴らしいことだ。