Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「手塚治虫とキャラクターの世界」

例えば、鉄腕アトムが、後に彼を捨てることになる天馬博士が、交通事故でなくなった息子の身代わりに作ったロボットであること。手塚治虫の描くキャラクターには、逃れられない宿命のようなものがあり、彼らは人間の小さな力ではどうにもできない不条理に、悩み、闘い、そして、絶望する。やっぱり彼は、マンガというものを、文学や映画と同じ次元にまで高めた比類なき天才なのだ。


日本の名作漫画アーカイブシリーズ 手塚治虫とキャラクターの世界 | 三栄書房