Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「一番美しく」黒澤明

黒澤自身が後に「自分の一番かわいい作品」と語った第2作。戦争の是非はともかく、滅私奉公、私を滅して公に奉ずることがごくごく当たり前だった日本人の姿がことのほか美しい。品性というのは、恥ずべきことを恥じる、ということなんだと思う。戦意高揚を謳いながらそこに終始していない演出もさすが、というべきか。