Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「姿三四郎」黒澤明

ここらでちゃんと黒澤明をみておこうということで、柔の道を究めていく男を描いたデビュー作「姿三四郎」。自我を捨て切った「美しさ以上に強いものはない」という、美を最も尊ぶあの日本人特有の感覚は一体どこにいったのか。戦時中の検閲により不完全となった作品でありながら、世界の巨匠の片鱗をみせるクライマックス、右京ヶ原の決闘シーンは超見応えあり! です。