Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「デタッチメント 優しい無関心」トニー・ケイ

人間は驚くほど弱く、人生は苦難に満ちている。学校と呼ばれる場所に、何かしらの意義があるとすれば、生徒が正しく健全に絶望すること、そして、その絶望から這い上がる強さ、それでも生きていく強さを、わずかでも学ぶということだ。こんなにもエモーショナルに、心を揺さぶり、感情に訴えかける映画は久しぶり。これは傑作ですゾ。