Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「朱花の月」河瀬直美

ゴダールはかつて「もっぱら、私が映画を自分自身のために必要としている」と語った。純文学ならぬ純映画というものが、もしもあるなら、河瀬直美さんほど純粋に、かつ、全身全霊をかけて、映画と向き合っている監督はいない。美しくも儚く危うい人間の営み。変わることのない悠久の自然。撮ることが生きること、そのものになっているひとは、やっぱりものすごい映画を撮ります。