Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「暴力の教義」ボストン・テラン

太宰治は「たった一行の真実を言いたいばかりに百頁の雰囲気をこしらえている」という言葉を残していますが、読み手である私たちも、真実を感じることのできるたった一行の言葉に出会うために一冊の小説を読んでいるのかもしれません。「本気で何者かになるつもりなら、眼の照準はちゃんと眼の高さに据えておくことだ」なんて、いい小説にはゾクゾクと痺れるような台詞が溢れています。


ボストン・テラン、田口俊樹/訳 『暴力の教義』 | 新潮社