Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「ロボジー」矢口史晴

自分のためにつく嘘は寂しいが、人のためにつく嘘は温かい。真実をことさら追求し、何でも糾弾することが、正しいことではない。知らなくてもいいこと、露わにしなくてもいいこともたくさんあるのだ。矢口史晴監督のやさしい眼差し。「どでかい嘘をつき通すならそれは本当になる」という、好きな歌の一節を思い出しました。


今度のロボットはおじいちゃん!?~映画「ロボジー」~