Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「千年の愉楽」若松孝二

若松孝二監督が亡くなった。大学の授業でお会いしたときに「このひとは嘘をつかない大人だ」と思った。媚びず、日和らず、いつも弱者の側に立ち、撮りたいものを撮る。そんな気骨のある映画人がいなくなった。その優しさと純粋さに世界がようやく気付き始めた矢先だっただけにとても残念でならない。遺作となった「千年の愉楽」は来春の公開予定とか。ご冥福をお祈りしたいと思います。