Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「ロング・ロング・アゴー」重松清

「割り算の答えの「余り」のように、どうにも収めようのないものが胸にいくつも残ってしまう。それが生きるということだ」って、なんとなくわかる。重松清はいつも正しさを疑い、悩みながら、迷いながら、結果、結論がでないというその結末を肯定する。だから私たちは彼の小説を手にとってしまうのだ。


重松清 『ロング・ロング・アゴー』 | 新潮社