Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「反ポピュリズム論」渡邉恒雄

日本最大の発行部数を誇る新聞社の主筆が「最後の書」かつ「持論の集大成」として世に問うた渾身の一冊。冷静さを失わず、深い見識により導き出した論には、信念が貫かれており、すべてではないものの十分な説得力もあった。ただ、惜しむらくは、氏が「これからの人ではない」ということだ。いずにせよ、今の、そして、これからの日本に必要なのは「見識」と「思考」なんだと思います。私は。


渡辺恒雄 『反ポピュリズム論』 | 新潮社