Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「寝ぼけ署長」山本周五郎

「法治国だからどうのということをよく聞くが、人間がこういう言を口にするのは人情をふみにじる時にきまっている」と寝ぼけ署長はいう。法律をつくるのはいつも強者であり、それは彼らの理屈の中で定められることを忘れてはならない。ルールで社会は良くはならない。問題の根本も解決はしない。大切なのはルールよりマナーです。


山本周五郎 『寝ぼけ署長』 | 新潮社