Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「広告」Vol.387「明日を生きるための物語論」

宮沢賢治の「けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを、どんなにねがうかわかりません」という言葉。身体のための食べものではなく、心のための、魂のための食べもの。ほんのかすかでもそんな「ものがたり」を発信していきたいなぁと思っています。

広告 2011年 10月号 [雑誌]








雑誌『広告』 | KOHKOKU