Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「作家の酒」

「米が豊作だときくと私の感情は豊かになる。酌めども尽きぬ深い味、そのまろやかさ、あの色と香、これは日本の風土をぬきにしては考えられない」という立原正秋。「浪費が目的のような酒である。酒の功徳は闊達な浪費だと、考えてござる」という田辺茂一。「理想は、酒ばかり飲んでいる身分になることで、次には、酒を飲まなくても飲んでいるのと同じ状態に達することである」という吉田健一の言葉もまたいい。「酒を語れる男」になるにはあと30年はかかりそうです。

作家の酒 (コロナ・ブックス)








http://www.heibonsha.co.jp/catalogue/exec/frame.cgi?page=query.cgi&series=corona