Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「アブラクサスの祭」加藤直輝

ひとは決して独りで生きていけませんが、それでも、誰にでも、何人たりとも立ち入ることのできない領域があります。他者の目や、あるいは、社会の常識やものさし、価値観とはかけ離れたところで、いかに自らの魂をあるがままに解放できるかということは、まっすぐちゃんと生きていく上で絶対に欠かせないことなんですね。躁鬱の夫を支えるともさかりえ演じる妻がクライマックスで見せた「たとえようのない笑顔」が鮮烈に目に焼き付いています。


アブラクサスの祭