Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「猫を抱いて象と泳ぐ」小川洋子

世界の片隅で生きている、どんなに小さな存在であったとしても、誰もがかけがえのない人生を歩んでいる。「大きくなること」を恐れた少年と「宇宙を構成する粒子の数より多い」チェスの棋譜を通じて、悲しみも、喜びも、偶然も、必然も、道理も、不条理も、人生のすべてが、いきいきと美しく自由な言葉で綴られています。「小川洋子の最高傑作」という謳い文句に偽りなし。イマジネーションがどこまでも広がる素晴らしい作品でした。

猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)








文春文庫『猫を抱いて象と泳ぐ』小川洋子 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS