Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「マイ国家」星新一

悲劇は喜劇でもあるし喜劇は悲劇でもある。それは人間がはかなくも滑稽な存在であるからだ。星新一という人はそれをやさしく巧みな文章で「寓話」にした稀有な小説家であったのだと思います。「寓話作家」と呼ばれることを好んだ、という人柄も好きです。それにしてもひょうひょうと真理を突いてくる「寓話」というのは恐ろしいものですね。

マイ国家 (新潮文庫)








星新一 『マイ国家』 | 新潮社