Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「なにも願わない手を合わせる」藤原新也

初めて「メメント・モリ」を見たのはいつだったろうか。「見てはならないものを見てしまった」という感じだった。以来、私にとって、藤原新也さんの写真はすべからく、畏怖にも近い「恐ろしいもの」の表象となった。そして、彼は、いつでも「ほんとうのこと」を教えてくれる、真に信頼できる稀有な表現者でもある。文章にも、写真にも、嘘がない。ただ真実がある。

なにも願わない手を合わせる (文春文庫)








文春文庫『なにも願わない手を合わせる』藤原新也 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS